iPhoneのLightningケーブルの断線対策におススメ!断線防止パーツ

レビュー

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

私はiPhoneを利用しているのですが、充電やデータ転送に使用するLightningケーブル、断線しやすくないですか?

今回はそのLightningケーブルを少しでも長く利用するための断線防止パーツをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneのLightning ケーブルは断線しやすい

iPhoneを利用している方なら多くの方が感じているかと思いますが、Lightningケーブルは断線しやすいですよね。

とくに、コードの根元の部分。

使っているとダンダンと周りのカバーが割れてきて、中からコードが見えくると、断線までのカウントダウン。

あっという間に利用できなくなってしまいます。。。

その前に、中のコードが見えてきている時点で使い続けること自体ちょっと怖いですけどね。

私は、iPhone3GSからiPhoneを使い続けていますが、機種変更前にケーブルがダメになってしまいます。(iPhone3GS自体はLightningケーブルではなかったですけれど)

どうにかならないかなぁといつも思ってしまいます。

iPhoneのLightningケーブルが断線してしまったら

もし、iPhoneのLightningケーブルが断線してしまった場合は、当然ながら買い替えるしかありません。

Lightningケーブルには、純正のものとサードパーティが出しているものがあります。

値段もピンキリですが、購入すると最低でも1,000円程度はかかってしまいます。

【ポイント10倍!】エレコム LHC-UALPS10GY Lightningケーブル(耐久仕様) グレー 1.0m

価格:1,035円
(2019/10/27 22:26時点)

ロジテック Lightningケーブル 1.5m ホワイト LHC-UALO15WH

価格:1,518円
(2019/10/27 22:28時点)

追加でLightningケーブルが欲しい場合は別ですが、できればiPhone購入時についてくるLightningケーブルが使い続けられると良いですよね。

iPhoneのLightningケーブルの断線対策はないのか?

iPhoneのLightningケーブル自体の強さが改善してくれるのが良いのですが、それはなかなか期待できないので、何か対策を打つ必要があります。

そこでおススメなのが、Lightningケーブル断線防止用のカバーです。

Lightningケーブルの根元に装着することでケーブルの断線しやすい箇所を守ってくれる優れものです。

いろいろな種類が出ていて可愛らしいのも魅力。

例えば、私の好きなスターウォーズのデザイン!

ケーブルマスコット STAR WARS 純正Lightningケーブル専用 ダースベイダー スターウォーズ ボバフェット ライトニングケーブル 充電コードカバー 断線防止 iPhone iPad アイフォン 保護 キャラクターグッズ オシャレ ストームトルーパー

価格:748円
(2019/10/27 22:01時点)

ディズニーキャラクターデザインも。

ディズニー ケーブルマスコット 純正Lightningケーブル専用 ケーブルバイト クロスタイプ ケーブルマスコット 断線防止 iPhone iPad アイフォン ライトニングケーブル 保護 充電コードカバー ミッキー ミニー かわいい チップ&デール キャラクター

価格:748円
(2019/10/27 22:02時点)

ミニオンズのデザインも!

ミニオンズ ケーブルマスコット 純正Lightningケーブル専用 ケーブルバイト クロスタイプ ケーブルマスコット 断線防止 iPhone iPad アイフォン ライトニングケーブル 保護 充電コードカバー スチュアート ケビン かわいい 怪盗グルーシリーズ ボブ キャラクター

価格:748円
(2019/10/27 22:04時点)

いろいろとあって可愛らしいです。

もっと安く済ませたい!という方は、100円ショップのダイソーで売っているものもおススメです。

それが、これ。

ライトニングケーブルプロテクトカバー。

100円でコード3本分(1本で2個×3)のプロテクトパーツが入っています。

1つのパーツは2つの部品に分解してから使います。

画像の上が2つのパーツが一体となっている状態(初期の状態)

そして下のパーツが、パーツを2つの部品に分解した状態です。

2つの部品がくっついている状態から、引っ張ることで外すことができます。

部品を分解したら、Lightningケーブルの根元に大きい方のパーツを取り付けます。
※画像がUSB側となってしまってます・・・

続いて、もう一つの部品を初期の状態となるようにはめ込んでパーツを固定します。

これで設定完了!

写真はUSB側になってしまっていますが、Lightning側も同じように部品を取り付けます。

利用してみた感じとしては、ケーブルを引っこ抜くときに、このパーツのおかげでパーツの根元が曲がることがないため、負荷がかからず断線しにくい感じがします。

最後に

Lightningケーブルは日々iPhoneの充電のために日々使っている人が多いと思います。

日々使うものですから、Lightningケーブルの抜き差しでケーブル自体に負荷がかかり断線してしまうリスクが高まるので、対策としておくと良いです。

ビジュアルにこだわってデザインされたパーツを使うのもかわいいですし、コスパ重視でダイソーのパーツを利用するのもおススメです。

さっそく、iPhoneのLightningケーブル断線対策をはじめましょう!!

タイトルとURLをコピーしました