LINE Pay コード決済ってナニ?マイカラー判定にメリットアリ!?

LINEPay

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

LINE Payを利用する際に、最近はコード決済を利用する機会が増えてきました。

財布からLINE Payカードを出す必要がなくてラクチンですし、
ポイント還元率も通常よりも高く設定されているのでとってもお得!

そんなコード決済についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

LINE Pay コード決済ってナニ!?

LINE Payコード決済は、LINE Payカードを提示したり、カード番号を入力したりすることなく、スマホだけで支払いを完了させることが出来る支払い方法です。

2019年7月までは、LINE Payコード決済の場合ポイント還元率が+3%になるキャンペーンを実施中。
通常のポイント還元と合わせて最大5%もポイント還元なるのでとってもお得な支払い方法です。

 LINE Pay コード支払いのメリット

スマホで支払い完結!

コード支払いの最大のメリットは、カードを財布から出すことなくスマホだけで支払いを完了することができるという点です。

ちょっとした違いですが、レジで支払う時にLINEアプリ立ち上げて、ウォレット画面に遷移して・・・とするよりもはるかに楽ちんですのでとってもおススメです。

売上がすぐに確定!

LINE Payにおいては、もう一つ重要なポイントがあります。
それが、コード支払いの場合即支払いが確定する!という点です。

別記事で紹介していますが、マイカラー判定の基準となる毎月の支払額ですが、利用した日ではなく支払いが確定したもののみがマイカラー判定の対象となります。

LINE Pay 月末のマイカラー判定に要注意!! 取り引き確定には時間がかかる!? 
毎月月末のマイカラー判定で翌月のポイントキャッシュバック率が決まるLINE Pay。 月末に判定だから、月末最終日に利用した分までで条件を満たせばOKと思っていませんか? 実はそこに注意すべき点があるんです!!

利用するお店によっては、最大2ヶ月ほどかかってしまうこともあるようです。

私がよく利用しているお店でも2週間ほどかかってしまうところもありますので、マイカラー判定日である月末直前に利用しても反映されないリスクがあるのです。

しかしながら、コード支払いの場合は即利用が確定するので安心です。

2019年7月31日まではポイント還元率がお得!!

マイカラー判定結果により、最大2%のポイント還元率がありますが、2019年7月31日の期間限定でLINE Payのコード支払いの場合は最大3%のポイント還元率が上乗せされます。

つまり、最大合計5%のポイント還元!!

これは、利用しないのはもったいないですよね!!

LINE Pay コード決済はどこで利用できる?

LINE Payカードでの支払いは、JCB加盟店であれば基本的にはどこでも利用することが出来ますが、LINE Pay コード決済は、特定のお店でないと利用できません。

2019年1月時点で利用できる代表的なお店は、 コンビニのLAWSONやファミリーマート、ドラッグストアのウエルシアグループ、 家電量販店のビックカメラなどがあります。

利用できるお店はどんどん拡大中していますので、さらなる拡大に期待です。

LINE Pay コード決済ってどうやるの?

LINE Pay決済方法には、「QRコードを提示して支払う」方法と「QRコードを読み取って支払う」方法の2種類があります。

QRコードを提示して支払う

次の手順でQRコードを画面に表示してレジで提示することで支払いを行うことが出来ます。

支払い方法


手順はとっても簡単でたったの2ステップです。

①LINEアプリのウォレット画面内にある、「コード支払い」を選択

②パスワードを入力し、QRコードを表示

表示されたQRコードをレジで提示すればOKです。

とっても簡単ですよね。

ショートカットの作成

先ほどご紹介した手順でもとっても簡単ですが、そもそもLINEアプリのウォレット画面を立ち上げるのが面倒。。。という方は、ショートカットを作成することをおススメします。

ショートカットを作成すると、ホーム画面に作成したアイコンから暗証番号を入力するだけでQRコードを表示する画面を表示することが出来ます。

ショートカットの作成方法(iPhoneの場合)
①QR表示画面に左下「コードショートカットを作成」を押下

②ホーム画面に追加を実施

あとは、作製したショートカットからQRコードを表示させることができるので、レジで提示するだけ。

QRコードを読み取って支払い

支払い方法

QRコード表示とほぼ同じ手順です。

①LINEアプリのウォレット画面内にある、「コードリーダー」を選択

②立ち上がったQRコードリーダーで、レジで提示されるコードを
  読み取り

また、QRコードを提示して支払う際に紹介したショートカットで立ち上がったQR画面右上の「スキャン」を押すと、QRコードリーダーを立ち上がげることもできます。

最後に

Apple PayやGoogle Payなどスマホをかざすだけで支払い完了できるシーンが増えているので、カードで支払うということに加えて、スマホで支払いが完了できるという点はとっても魅力です。

まだ利用できる加盟店が限定されてしまっているのが残念ですが、着実に増えてきていますので一度利用してみてはいかがでしょうか。

LINE Pay って安全なの!? いざという時の補償は!?
みなさんこんちは。 お小遣い制パパです。 ポイント還元率が最大2%が魅力のLINE Pay。 利用する場面が増えて、常に多くの残高をチャージするようになってくると不安になるのが不正利用。 いざという時のLINE Payの補償内容についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました