すぐに始めたくなる! iDeCoのお得な3つのポイント

お金のこと

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

最近よく目にするiDeCo。
イデコって読むそうです。

iDeCo(イデコ)とは、「個人型確定拠出年金」の愛称らしい。
「個人型確定拠出年金」。。。
余計にわかりません。

お金のことって、難しそうでとっつきにくいですよね。
でも、何やらお得な匂いがする。。。

ということで、iDeCoについて調べてみました。
そこで分かったことを分かりやすく書いてみようと思います。

では、「すぐに分かる! iDeCoの3つのポイント」のはじまりはじまり~

[outline]

スポンサーリンク

お得なポイント1 iDeCoは貯金よりもをお得!!

iDeCoは積み立てたお金の金額によって、所得税や住宅税が軽くなり、年末調整や確定申告をすることで納めた税金が戻ってくるんです。
そして、その戻ってくる金額が凄い!!

iDeCoのサイトに例が載っているのですが、

(例)年収500万円の会社員が毎月2万円をiDeCoで積み立てた場合、年間で約4万8000円

毎月2万円ということは、年間で24万円。それで4万8,000円も戻ってくるんです。
ということは、4万8,000円÷24万円=20%!!

凄くないですか?
銀行預金の金利はとっても低く1%以下、いくら預けてても利息はほとんど貰えないですよね。

自分がいくらぐらいお得になるのかは、iDeCo等でぜひ調べてみてください!!

ただし、1点だけ注意点が。
iDeCoを利用するためには、手数料がかかります。
iDeCoに加入する時に最低でも2777円を、運用期間中も月額167円が必要になります。
また、iDeCoを取り扱う金融機関によっては、さらにこの額にプラスして手数料を支払うことがあります。

でも、払う手数料よりも、貰えるお金の方が多いんです。
これは、始めない理由が見当たりません!!

しかも、早く始めた方がお得!!

お得なポイント2 iDeCoは貯金が苦手な人でも確実に貯金出来る仕組み!!

iDeCoは毎月お金を積み立てることでお得になる仕組みであることをお得なポイント1で
お伝えしましたが、毎月お金を積み立てるって意外と難しいですよね。

やり始めてもどこかで挫折。。。
そんな経験がある人って多いと思います。

でも、iDeCoなら貯金が苦手な人でも貯金出来ちゃうんです。

iDeCoでは、積み立てたお金を原則60歳まで引き出すことが出来ない!!んです。
つまり、iDeCoなら強制的に60歳まで貯金できちゃうんです。

今まで貯金で挫折した人に特におススメです。

お得なポイント3 iDeCoは自分のペースで貯金が出来る!

積み立てることでお得になって、貯金ができる仕組みでも、毎月積み立てられないと
意味がないですよね。
でも、安心してください。

iDeCoは毎月の積立金額を5,000円から自分で設定できるんです。
しかも、途中で変更したり、お休みすることもできちゃいます。
※上限金額も決まっています

お得なポイント1でお伝えした通り、iDeCoは積み立てる金額が大きいほどお得になるので
上限金額いっぱいまで積み立てたいところですが、難しい時もあるものです。

そんなときは一時的に積み立てる金額を低くしたり、更に厳しい時には一時的に停止することも
出来ちゃいます。

自分のペースで出来るって安心ですよね。
しかも、お得になるなんて!!

やっぱり始めない理由が見当たりません。

どうでしたか?
iDeCoをさっそく始めたくなったんじゃないでしょうか。

はじめるにあたっては、iDeCoを利用する金融機関を選ぶ必要があります。
金融機関の選び方については、近いうちに簡単に!!説明したいと思います。

また、当ブログではいろいろなことを、とにかく簡単に説明することを目的としているので、
いろいろな情報をそぎ落としていています。

もっと詳しい情報を知りたい方は、他のサイトにてお調べください。

タイトルとURLをコピーしました