iPadのApple IDの変更をスムーズに行うコツ

レビュー

みなさん こんにちは。

お小遣い制パパです。

今回は、iPadのApple IDの変更をスムーズに行うコツをご紹介したいと思います。

 

なぜそんなことをご紹介しようと思ったかといいますと。

 

最新のiPadを購入したいのですが、もちろんそう簡単には買えない。。。

そこで、実家に帰省した際に数台あるiPadのうち、1台を貰ってきたんです。

もちろん、こっそりでなく、ちゃんと了解を得てますよ。

意気揚々と持ち帰って、iPadに登録されているApple IDを変更しようとすると、

何度やっても上手く変更できない!!

 

前置きが長くなりましたが、そんな背景があり、いろいろ調べた結果、

無事にiPadのApple IDの変更ができましたので、

みなさまにiPadのApple IDの変更をスムーズに行うコツをご紹介したいと思います。

※私が実際に行った手順のご紹介ですが、何かあっても補償できませんので、事前にデータのバックアップを行うことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

まずは自分のApple IDの確認

まずは、今設定せれているApple IDを確認してみましょう。

誰も使っていないのであれば、そのまま使うのもアリですし、メールアドレスを変更するだけで利用していくのもアリでしょう。

どんな手続きまで必要か、状況によって異なると思いますので、まずは設定されているApple IDを確認するのがよいです。

それと、変更する場合には、変更後にすでに利用しようとしているApple IDがあるのであれば、事前にIDやパスワードの確認をしておくと手続きがスムーズにいきます。

STEP1  OSを最新版にアップデート!

次は、iPadのOSが最新版になっているかを確認しましょう。

古いOSだと、正常にアップデートできない場合があるそうです。

 

【設定】⇒【一般】⇒【ソフトウェア・アップデート】

で最新版のOSへアップデートが可能です。

最新版になっているときは、【お使い委のソフトウェアは最新です】の表示が出ます。

STEP2 何かあった時のためにバックアップを取る!

万が一のために、バックアップは手続き前に取得しておきましょう。

まあ、何もかも消えてしまってもよいのであればその必要はありませんが。

STEP3  順を追ってサインアウト!!

各種設定からサインアウトをしていきます。

  1. iCloudからサインアウト
     【設定】⇒【iCloud】⇒ページの1番下から【サインアウト】
  2. 「iPhoneを探す」をオフに
     【設定】⇒【iCloud】⇒【iPhoneを探す】をタップして【iPhoneを探す】をオフ
  3. iTunes Store/App Storeからサインアウト
    【設定】⇒【iTunes & App Store】⇒【Apple ID】をタップして【サインアウト】を選択
  4. Face Timeからサインアウト
     【設定】⇒【FaceTime】⇒【Apple ID】をタップして【サインアウト】を選択
  5. iMessageからサインアウト
     【設定】⇒【メッセージ】→【送受信】→【Apple ID】をタップして【サインアウト】を選択

以上でサインアウトのステップは完了!

この手続きが漏れていると、Apple IDの変更がうまくいかないんです。

私がなかなか上手くいかなかったのもここが原因でした。

なので、ここが一番のコツポイントです。

STEP4 事前準備でサインアウトしたサービスに新しいAppleIDでサインイン

ここまできたら、もうあと少し。

STEP3でサインアウトしたサービスに新Apple IDでサインインすればOKです。

これで完了です。

再起動して、設定が新しいもののままになっているのかを確認した方が安心です。

おまけ Apple IDに設定したメールアドレスを変更

もし、Apple IDを新しくするのではなく、登録しているメールアドレスのみを変更する場合は、「Apple IDアカウント管理ページ(https://appleid.apple.com)」で変更すればOK。

 

もし、紹介した手順でもうまくいかない場合は、Appleへ問い合わせを。

 

これで、ようやくiPadが私のものに変身しました!!

 

タイトルとURLをコピーしました