ATM手数料がなんと無料!! pring(プリン)を使った出金方法

pring

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

別の記事でご紹介したprin(プリン)。

ATM手数料が無料&振込手数料も無料に出来てしまうとってもお得なアプリなんです。

今回は、ATM手数料が無料になる方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

pring(プリン)はアプリ残高をATM手数料無料で引き出せる!

pring(プリン)はセブン銀行のATMからチャージした金額を引き出すことができます。

しかも、無料で!!

セブン銀行ATMからの引き出しが無料なのは1日1回のみ。

2回目以降は216円の手数料がかかりますが、1日1回無料であれば十分ですよね。

1日1回無料ということは、月30回も無料でATMからの引き出しができるわけですから太っ腹です。

これは活用しない手はありません。

pring(プリン)からATM手数料無料で現金を引き出す方法

では、どのようにしてpring(プリン)から現金を引き出しするのでしょうか。

1.pring(プリン)アプリの「お金をおろす」をタップ

手続き1

2.セブン銀行のATMで現金受け取りを選択

手続き2

3.引き出ししたい金額を入力し現金受け取りをタップ

手続き3

4.画面にATMでの手続きに必要な情報が表示されるので、表示したままATMへ
  受け取り期限は手続きした翌日までになっています。

手続き4

5.セブン銀行ATMの「カードを使わない番号入力での取引」を選択

手続き5

6.pring(プリン)に表示されている提携先コードを入力し、「確認」をタップ
 ※提携先コードは0073になります

7. pring(プリン)に表示されているお客様番号を入力
  ※pring(プリン)に登録している携帯番号になります。

8. pring(プリン)に表示されている確認番号を入力
  ※引き出し取り引きごとに変わります。アプリに表示される数字4桁です。

手続き6~8

9.取引内容を確認して「確認」をタップ

手続き9

これで完了!

ATMから現金を受け取ることができます。

手続き10
手続き11

とっても簡単ですよね。

ATMでの手続きに必要を再度表示する方法

先ほどご紹介したセブン銀行ATMで現金を引き出す手続きのなかで、アプリ上に表示された手続きに必要な情報を消してしまうことがあります。

私がそうでした。

ATMでの操作をしていて、スマホの画面がロック。

ロック解除した際に、画面をタップしてしまったのか、表示されているはずの画面が表示されていないのです。。。

そんなケース以外でも、引き出しの手続きをあらかじめしておいて、ATMの前で改めて表示したいというケースもあると思います。

そんなときは、以下の方法で情報を改めて確認することができます。

1.pring(プリン)アプリトップ画面の下の方に表示されている自分のアイコンをタップ

確認手続き1

2.履歴の中から該当する取り引きをタップ

確認手続き2

3.必要情報が表示されます

確認手続き3

必要な情報といっても、「提携先コード」は「0073」で固定ですし、「お客様番号」はpring(プリン)に登録している自分自身の携帯番号になりますので、実際には数字4桁の「確認番号」のみ覚えておけば大丈夫です。

pring(プリン)は1,000円未満でも引き出しが可能!

pring(プリン)では、1,000円未満でも引き出しをすることが可能なんです。

つまり、300円引き出しをしたいと思った場合に、セブン銀行ATMの手続きをすることで300円引き出しができます。

どうやってやるのかというと・・・

引き出し金額が1,000円未満の場合は、以下の3つから受け取り方法を選べます。
   ・セブンイレブンレジで硬貨を受け取り
   ・お手持ちのnanacoにチャージ
   ・セブンイレブン記念財団への募金

このセブンイレブンレジで硬貨を受け取りの方法を利用するのです。

硬貨での受け取りが必要な場合は、ATMからバーコード付きのレシートが出てきます。

このレシートをレジに提示することでレジで硬貨を受け取ることができるという仕組みです。

硬貨対応の銀行ATMは少ないですから、銀行口座の残高を0円にしたいときなどにもこのpring(プリン)の現金引き出しサービスが活用できますね。

個人的には引き出し手数料が1日1回無料と同じぐらい驚いたサービスです。

注意点

pring(アプリ)からの出金手続きはとても便利なのですが、1点だけ注意が必要です。

出金手続きをした時点で、アプリから残高が減ってしまいます。

そして、出金手続きはキャンセルすることができません。

ATMから引き出しをしていなくても、引き出し予定金額がロックされてしまうのです。

残高に余裕がある場合は問題ないのですが、そうでない場合はATMで引き出しをする直前に出金手続きをすることをおススメします。

最後に

各銀行が今まで無料であったATM手続きの手数料を取るようになってきています。

とはいえ、1回あたり200円程度の手数料を支払うのはもったいないです。

ATM手数料がかかってしまうような場合は、このpring(プリン)の活用をおススメします!

タイトルとURLをコピーしました