トランポリン・パーク トランポランド!ってどんなところ?行く前に要チェック!!

お出かけ

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

今回は、我が家の子供の希望で訪問したトランポリン・パーク トランポランドを紹介したいと思います。

トランポリンしかない場所だし、子供もすぐに飽きるのではないかと思いながら訪問しましたが、全くの誤解でした。

子供だけでなく大人も楽しめるそんな施設です!

スポンサーリンク

トランポリン・パーク トランポランドってどんなところ?

トランポリン・パーク トランポランドはそのなの通り、いろいろな種類のトランポリンを楽しむことができる施設です。

東京都板橋区、埼玉県新座市、千葉県浦安市に施設があります。

施設の場所ごとに、設置されているトランポリンの種類や数が異なるようです。

今回我が家は、千葉県浦安市にある施設に行ってきました。

バスケットのダンクシュートに挑戦できるトランポリンや、宙返りを練習できるトランポリン、いろいろな技を練習できるノーマルなトランポリン、トランポリンと一緒にドッチボールを楽しむ場所や、飛び降りができる場所など、本当に様々なことを楽しめます。

トランポランドに行く前は、いってもすぐに疲れて帰る・・・となるのではないかと思っていましたが、ひたすら遊びまわっていました。

何歳から利用可能? 幼稚園児でも大丈夫?

トランポランドは、3歳以上の子供から大人までが利用することが可能です。

未就学児の子供はキッズエリアのみの利用となります。

また、未就学児でも身長が110㎝以上ある場合は、一般エリアの利用をするかキッズエリアの利用をするかを選ぶことができます。

キッズエリアといっても、立派なトランポリンが用意されていて十分に楽しめますので、施設がどんな感じが確かめてから決めると良いと思います。

我が家が訪問した際は、親子で楽しんでいたり、大人同士で楽しんでいる人たちもいました。

子供がとっても楽しめる施設ですが、子供だけでなく大人も楽しめる施設となっています。

料金は?

料金は利用する時間によって異なります。

利用時間料金
60分1,620円(税込)  ※キッズエリア1,080円
90分2,100円 (税込)
120分2,530円 (税込)

※2019年8月25日時点の料金です
※混雑時には60分のみ利用可能となります

初回時には、上記料金に加えて540円がかかります。

初回時には、特典としてトランポランド特製のソックスとステッカーが貰えます。

トランポランドはソックスを履くことが必要なのですが、トランポランド特製ソックスは裏に滑り止めがついているのでトランポリンを飛ぶ際に便利な作りになっています。

ちなみに、時間が限定されますが、トランポランドを貸し切ることも可能です。

平日 21時~22時155,000円(税込)
祝日 19時~20時194,400円(税込)

100人ほど集まるのであれば、貸し切りでもよいかもしれませんね。

まあ、なかなかそんなケースはないですが。。。

事前に用意しておくべきものは???

事前に用意しておくものは・・・

トランポリンを全員楽しむのであれば特に必要ありません。

水筒などを置いておく場所がありますので、持っていくと便利ですが、自販機もありますのでマストではないですね。

もし、子供だけトランポリンを楽しみ大人は休憩ということであれば、テーブルとイスやソファーが設置されている休憩スペースがありますので、そのでゆっくりするためのグッツを持っていくことをおススメします。

本や雑誌を持っていってゆっくりと読んだり、ひたすらスマホでネットサーフィンでも良いですね。

混雑具合は?

我が家は夏休みの平日に訪問しましたが、結構な賑わいでした。

トランポランドはネットで事前予約ができるので、予約していくことをおススメします。

せっかく行ったのに何時間も待つのは嫌ですよね。

予約はオフィシャルサイトからWEB予約をすることが出来ます。

空き状況の確認や予約の手続きは簡単にできるので、行くことが決まったら事前に予約していきましょう。

満足度は?

今回は子供だけが遊びましたが2時間ミッチリ遊び続けても「まだやる!!」というぐらい大満喫でした。

見ていた私も次回は一緒にやってみたいなと思う程です。

自分のペースで飛んで楽しむのはもちろん、スタッフの方に質問するといろいろな技を紹介してくれたり、コツを教えてもらえます。

我が家の8歳のお姉ちゃんはスタッフの方に教えてもらったり、周りの子に刺激を受けながらトランポリンを活用した宙返りの練習にはまってました。

スタッフの方に教えて貰えるのはとってもよいですね。

最後に

最初は遊園地なんかに設置されているトランポリンで子供を遊ばせれるというぐらいの気持ちで訪問しましたが、まったく別物でした。

とっても良い意味で。

楽しさ満点なのはもちろんのこと、それに加えてトランポリンをスポーツとして楽しむ要素が詰まっています。

周りで楽しんでいる人も、トランポリンを楽しむだけでなく、トランポリンが上手になりたいという気持ちに自然となっているような雰囲気です。

室内で楽しめる施設ですので、夏の暑い時期、冬の寒い時期、梅雨の時期、花粉の時期、どんな時でも大丈夫なのもうれしいですよね。

ぜひ本物のトランポリンを一度味わってみてください!

という私も、今度楽しんできます!!

タイトルとURLをコピーしました