富士見高原スキー場が子連れスキーにおススメな3つのポイント 

富士見高原スキー場ゲレンデ画像お出かけ

みなさんこんにちは。

お小遣い制パパです。

昨年はじめて子供連れでスキーにいったものの、子供たちはスキーよりもソリに夢中で終了。。。

今年こそはと思い、再チャレンジ!

そこで向かったのが富士見高原スキー場。

子供も大人も安心して滑ることが出来て大満足のスキー場でした。

富士見高原スキー場が子連れスキーにおススメな3つのポイントをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

富士見高原スキー場が子連れスキーにおススメな3つのポイント

おススメポイントその1  日中はスキー専用ゲレンデでとっても安心

私自身スノーボードもやるので、スノーボーダーを毛嫌いするわけではないのですが、そもそも滑り方が違うので動きの違いから入り混じっているゲレンデには恐さがあります。

スノーボーダーからするとスキーヤーがいるのが恐いです。

そんな風に大人でも怖さを感じるぐらいですから、子供と一緒の場合はなおさらです。

富士見高原スキー場は、日中はスキー専用ゲレンデのため、スノーボーダーがいません。

これがとっても安心でした。

子供が滑るのを安心してみてられます。

昨年スノーボードも可能なスキー場を経験している子供も「こっちのスキー場の方が恐くないから好き!!」と気に入っていました。

富士見高原スキー場のゲレンデマップ

ゲレンデは決して大きくはないのですが、初心者向けのロマンスゲレンデは横幅100メートルあり、ゆったりしていますし、滑降距離も500メートルあるので滑りがいがあります。

平均斜度は8度と緩やかなので、まさに初心者におススメです。

これだけの環境がスキー専用で滑れるというのはとっても良いですよ。

ちょっとアドバイス

ロマンスゲレンデは初心者におススメなゲレンデなのですが、滑り始めの箇所がちょっとだけ斜度がきつめなんです。

初心者でもすぐに滑れるレベルなのですが、慣れていない子供には最初はちょっと怖く思えるかもしれません。

その箇所だけ板を外して歩いて降りてから滑っている人たちもいました。

一度下まで降りると、最小のちょっとだけ斜度がきつめの箇所を恥じ下場所に降りられるリフトがあるので、それを使って何回か練習して自信をつけてから再チャレンジするとすんなりいけると思います。

おすすめのポイントその2 キッズランドも充実!雪遊びだけでも大満足!!

スキーに行くときに困るのが、上の子供はスキーをするけれども下の子供は滑らないというケース。

レストランで待たせているのはかわいそうですし、ゲレンデの端で雪遊びしていてもすぐに飽きてしまうし。。。

スキーをやらない子供向けのキッズランドがとっても充実しているので、富士見高原スキー場ならそんな問題は発生しません!

キッズランドイメージ画像

キッズランドではいろいろな種類のソリが用意されていて、スキーを滑らずとも雪滑りを楽しむことが出来ます。

特にスノーストライダーが大人気でした。

スノーストライダーイメージ画像

もちろん子供だけでなく大人も一緒にソリで滑ることが出来ます。

寒くなったら暖かい休憩所が用意されているので、付き添いの親が寒くなっても安心です。

家族全員がスキー場で楽しめる点がおススメポイントです。

おすすめのポイントその3 東京からの約2時間で到着!アクセス抜群!!

私の居住地の関係で東京から目線になりますが、中央道を使って小淵沢インターまで約2時間、インター降りてからも10分ほどで到着です。

電車の場合は小淵沢駅からタクシーで同じく10分程度。

富士見高原スキー場のアクセスマップ

高速道路を降りてからの道も、整備されている大きな道で運転もしやすいですし、カーブに揺られることもないので車酔いしやすい子供でも安心です。

また、基本的にはあまり雪が積もるエリアではないそうで、路面はアスファルトがちゃんと見える状態で雪道を運転する感じではありません。

とはいえ、路面が凍結していたり、天候によっては雪が積もることもありますのでスタッドレスタイヤで行くことをおススメします。

これだけのアクセスですので日帰りで行くことも容易ですよね。

スキー場へのアクセスが容易な分、思いっきりスキーが楽しめる点がおススメなポイントです。

最後に

設備は最新ではないですし、コース数も多くはないですし、スキー慣れしているご家族にはちょっと物足りなさがあるかもしれません。

その一方で、我が家の様にスキーを始めたばかりで安心して子供に練習をさせてたかったり、これから子供にスキーを始めさせようと思っているご家族には安心して利用できるので、とってもおススメです。

タイトルとURLをコピーしました